テシンプルモダンな住宅設計の女性建築家,ask_inf@room.ocn.ne.jp,日本,​台東区,谷中

  • facebook

© 2015 ASA, All rights reserved.

何事も偏重するのか|626

December 18, 2015

 

先日、平日に半休をもらって実家に行ってきた。

現在の実家は静岡市葵区。

マンションの裏口から入ろうとしたがこまった。

オートロックでとっさに番号が思い出せず途方にくれた。

メモがあることを思い出して、その通りプッシュするが解錠されない。

今夏番号が変わったと……母がいっていたような。

電話で番号を問い合わせることに。

 

実は、僕はちょっとした数奇な人生を過ごしている。

当時、父は転勤族だった。

なので名古屋市東区東片端の病院で生まれすぐに引っ越した。

街中の中区のアパートから緑区鳴海の社宅に移った。

そこがすごろくのスタート。

父の転勤にあわせて僕も「転校族」になった。

幼稚園ふたつ、小学校みっつ、中学ふたつ、高校ふたつという慌ただしさ。

名古屋市内転々→岐阜市加納。

ここまでで幼稚園から小学校。

 

岐阜市加納→名古屋市東区横代官→藤枝市高洲。

ここまでで小学校から中学校。

藤枝市高洲→名古屋市西区→静岡市曲金。

ここまでで中学校から高校。で、上京することとなる。

家族はその後に藤枝に戻ったあと現在の静岡市葵区となる。

僕はというと、横浜市金沢区を振り出しに

横浜市神奈川区、武蔵野市吉祥寺、柏市旭町、

練馬区高野台、柏市内を2箇所経由して現在の同市内の住まいに落ち着いた。

15箇所目が現在の住まいである。

 

どこも電話番号も郵便番号も覚えていない。

なぜか名古屋の小学校と高校の時の校歌はすぐに思い出せた。

小学校が「大名古屋、歴史の名古屋……」とはじまり

「校章の葵の一葉、半世紀……」とつづくはずだが

すでにそこから一世紀近くが経つ。

高校は「東海の山並み、ハロバロ見つつ……」といずれもお国自慢で始まる。

なぜか、これ以外の校歌は一ミリも思い出せない。

 

《これ以外のブログ記事は下記HPからご覧になれます》

http://tsutomsato.exblog.jp/

 

  •  

あいかわさとう建築設計事務所

HP → http://askarchitects.jp/free/freeconference.html

TEL.03-5832-9541

FAX.03-5832-9542

 

  •  

http://askarchitects.jp/aboutask/promise.html

 

 

お気軽に事務所にいらしてください。

無料相談と無料提案をさせていただきます。

はじめの一歩はまずはお電話で!

 

 

 

http://blog.koyama.mond.jp/?eid=873252より転載

http://www.city.gifu.lg.jp/7848.htmより転載

http://mu3rail.blog.so-net.ne.jp/2013-11-03より転載

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

November 7, 2019

Please reload

Archive