テシンプルモダンな住宅設計の女性建築家,ask_inf@room.ocn.ne.jp,日本,​台東区,谷中

  • facebook

© 2015 ASA, All rights reserved.

藁にも縋る思い|706

February 1, 2017

「暖かい」とか「寒い」というのは難しい。
貴方の「暖かい」が、必ずしも皆にとってではない。
皆の「寒い」が、貴方にとって必ずしもはでもない。
「寒すぎ」たり「暑すぎ」たりするのだ。
よくあることではある。

それは個々人の感じ方、主観に基づくから。
そして、主観に基づく主体が複数いるから。
すべての人の快適を探すのは結構難しい。
しかし「誰かが我慢する」状態は、まずは避けたい。

日本の住まいの断熱性能はよくなってきた。
サッシやガラス、断熱材の性能があがり、
それらを使用することが推奨され、普及してきた。
新築やリフォームの現場では。

 


昔の木造住宅は、今思えば恐ろしい。
畳をあげれば板一枚ですぐに地面が見えた。
風が吹くとガタガタというガラスが一枚の窓。
隙間風が吹き込むような木製建具。
今でもそうしたお宅は少なくない。

 


昨年、明治・大正期の奏楽堂を見学してきた。
文化財として価値を認められたものだ。
移築や増改築を繰り返してきた建物で、
木材をどう扱うか、プランニングをどう考えるかが
見て取れて、非常に勉強になった。
そして一番驚いたのが断熱・吸音材。
なんと藁であった。

 


改修作業中で、外壁が剥がされたいるシーンは驚きだ。
なんというか、束ねられた藁は整然と並んでいるので、
もちろんゴミを突っ込んだようには見えない。
けれども、断熱や吸音のためにも見ない。




★ 無料相談お受けします/相川佐藤建築設計事務所
HP → http://askarchitects.jp/free/freeconference.html
TEL.03-5832-9541
FAX.03-5832-9542

お気軽に事務所にいらしてください。
無料相談をお受けしています。

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

November 7, 2019

Please reload

Archive