WORK

 

埼玉の家

01_ageo-2_004.jpg
04_ageo-2_010.jpg
02_ageo-2_006.jpg
03_ageo-2_005.jpg
05_ageo-2_013.jpg
12_jt1207016.jpg
11_ageo-2_040.jpg
10_ageo-2_019.jpg
07_ageo-2_015.jpg
09_ageo-2_017.jpg
08_ageo-2_042.jpg
06_ageo-2_014.jpg
13_1ageo-2_021.jpg
20_ageo-2_050.jpg
18_2ageo-2_049.jpg
19_ageo-2_057.jpg
18_1ageo-2_045.jpg
17_ageo-2_044.jpg
15_ageo-2_046.jpg
16_ageo-2_048.jpg
14_ageo-2_026.jpg
13_2ageo-2_031.jpg

埼玉県の郊外である敷地周辺は、戸建て住宅と農耕地がまざったエリアです。敷地の南側には建主さんの父さんとと兄家族の二世帯住宅が隣接し、さらに北側にはアパートがあります。 建主の希望は、家族のための住まいであることと、格子や土間といった和の設えが欲しいというもの。ここに車3台分の駐車場と、夫婦と子供2人のための住宅を計画しました。そこで一部を平屋とし、個室群を日当りの良い2階に、隣接する西庭を1階リビングから借景とする案が選択されました。まずは個室からなる2階を最小限に設定し、プライベートなスペースを完結させ、残りのスペースで家族がつかず離れずの関係を構築できるような、つくり込まない自由さを持たせることを目指しました。限られた居室の連続を間仕切壁で仕切ることなく、空間のプロポーションと明暗差、素材のあり方でコントロールしています。1階は間口5mの空間が「く」の字型に15m連続するという広がりをもち、その中心がキッチンです。ここから西側を眺めると、右手から表情の違う袖壁が襞状に連続し、広さと明るさ、奥行きと重心の違う空間が連続します。

主な仕上げ 構造/木造在来工法 断熱方式/外断熱工法 外壁/ガルバリウム鋼板張り 屋根/ガルバリウム鋼板り  床/無垢板フローリングt=15ワックス仕上、壁/ケイソウ土塗り 土佐和紙 天井/杉板張り
規模 延床面積/115.21 建築面積/75.88㎡ 敷地面積/272.49㎡

21_1ageo-2_055.jpg
21_2ageo-2_052.jpg
23_2ageo-2_059.jpg
23_1ageo-2_056.jpg
22_ageo-2_023.jpg