WORK

 

renovation,project etc

リノベーション・プロジェクト他

二世帯住宅

都市型狭小住宅

郊外型住宅

two-family house

limited house

suburban house

調布の家|あいかわさとう建築設計事務所|これは、両親が住み続けた住まいを建て替えによって完全分離型の二世帯住宅にする計画。ほどよい距離感で、過干渉にならないおのおの居心地のよい家を望まれ、既存の南庭は活かしながら、駐車場を3台分確保した。配置は前面道路側に親世帯、奥に子世帯を配しました。両世帯は、若世帯所有の1階の屋内物干場を介して行き来きできます。親世帯は吹抜けのリビング・ダイニングを中心にして寝室、水回り、キッチンが配されています。子世帯は2階に個室をまとめ、1階をキッチンを中心にしたLDK+和室の一室空間です。
赤羽の家|あいかわさとう建築設計事務所| 荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。
埼玉の家|あいかわさとう建築設計事務所|埼玉県の郊外である敷地周辺は、戸建て住宅と農耕地がまざったエリアです。敷地の南側には建主さんの父さんとと兄家族の二世帯住宅が隣接し、さらに北側にはアパートがあります。 建主の希望は、家族のための住まいであることと、格子や土間といった和の設えが欲しいというもの。ここに車3台分の駐車場と、夫婦と子供2人のための住宅を計画しました。そこで一部を平屋とし、個室群を日当りの良い2階に、隣接する西庭を1階リビングから借景とする案が選択されました。まずは個室からなる2階を最小限に設定し、プライベートなスペースを完結させ、残りのスペースで家族がつかず離れずの関係を構築できるような、つくり込まない自由さを持たせることを目指しました。限られた居室の連続を間仕切壁で仕切ることなく、空間のプロポーションと明暗差、素材のあり方でコントロールしています。1階は間口5mの空間が「く」の字型に15m連続するという広がりをもち、その中心がキッチンです。ここから西側を眺めると、右手から表情の違う袖壁が襞状に連続し、広さと明るさ、奥行きと重心の違う空間が連続します。
Oアパートメント 改修|あいかわさとう建築設計事務所|築80年の木造アパートメント1階部分のフルリフォーム。内壁と床、天井をはがして現状確認の上で耐震補強を施し、内装を一新しました。 元はお花の教室兼先生の住居だったので和の雰囲気が強かったのですが、若い夫婦向けの賃貸住宅にシンプルで現代的な改装をしました。 耐震補強として、耐力壁の増設と筋交いの補強、柱の増補を行いました。 最奥北側の和室、台所は陽があたらず暗かったので、壁を撤去し、筋交いを入れ模様ガラスを入れて明かりを採りました。 特に水回りの痛みはひどく、土台部分への補修が必要でした。 収納たっぷりのオープンキッチンと、 耐震補強を施して広々とさせたリビング・ダイニングの1LDKに生まれ変わりました。 玄関では、収納や飾り棚などを再利用しています。
葛飾の家|あいかわさとう建築設計事務所|建て替えによる二世帯住宅です。敷地の中心からアプローチし、東側1階に母のスペース、西側1階に共通のスペース、2階に若夫婦のスペースを配置しました。1階も2階も共に20mにもなる連続空間です。2階にはファミリーリビングがあり、日当たりのよい若夫婦世帯だけのスペースになっています。また、シンプルな外観ですが、独立した棟にもみえるようにしています。
東向島の家|あいかわさとう建築設計事務所|仲間や親族が多く暮らすエリアでの土地探しからご一緒したプロジェクトです。この辺りは、軟弱な地盤の上に、支持地盤が深いため、構造的な工夫が必要でした。 日中の多くの時間を過ごす家人のために2階にキッチンを設え、そこにダイングとリビングが続きます。家族は個室にこもるのではなく2階に集います。その仕掛けとしてペレットストーブを導入しました。シンプルでコンパクトですが、そこには思い思いの居場所があります。ダイニングからはバッチリ東京スカイツリーが拝めます。
佐久平の家|あいかわさとう建築設計事務所| これは、長い都会生活の後に、田舎に終の住処を求めた老夫婦のための住宅です。幼少期をこの辺りで過ごした建主が手に入れたのは、100坪の宅地と100坪の耕地。ここは、積雪はないものの厳しい冬季と快適な夏季を過ごすことができる土地です。ですから退屈な毎日を枯れていくように過ごすのではなく、四季を満喫しながら、家庭菜園を楽しみ、友人や家族が集うことのできる住宅を実現しています。  冬季には厳しい寒さが訪れるこの辺り。基礎を含め地元の工務店と共に検討した寒冷地仕様の床・壁・天井とし、そこに床暖房と薪ストーブを導入しています。薪ストーブが置かれた土間スペースは、家庭菜園のための作業場であり釣りが趣味の家主の作業場でもあります。冬季は太陽光が差し込み暖かさを蓄えてくれます。長期の休暇時期には遠方から娘夫婦や孫たちが訪れ賑やかとなります。そうしたときには和室とロフトスペースが活躍します。夏季には風の抜ける平屋ならではの快適さが来客を誘います。  シンプルな構成にシンプルなデザインは、骨太な田舎暮らしを快適に過ごすための選択です。
42_IMG_7960.JPG

 >柏の家

松戸の家|あいかわさとう建築設計事務所|若夫婦である建主さんが、ご両親と同居するために建て替えた二世帯住宅です。玄関は共用ですが、1階でご両親が、2階で若夫婦世帯がそれぞれの生活を営みます。ご両親の住む1階は、長く住み慣れた元の家と同じ間取りを、子世帯が住む2階は、広く開放的なリビングとキッチンを実現しました。。 建主さんの国産の自然素材の使用というこだわりから、柱梁などの構造材には桧や松を使い、現しにしました。壁は漆喰で仕上げ、床、天井にはそれぞれ桧と杉の無垢板を張っています。 また、高齢のご両親のために、ゆるやかに家全体を暖める、ソーラー換気システム「そよかぜ」(冬季は南面する屋根の集熱層で暖めた空気をダクトで床下に運び、室内を暖め、夏季は床下の蓄熱層の涼しい空気をサーキュレーションさせるシステム)を取り入れました。太陽光の集熱に適した6/10勾配の屋根の小屋裏は、ロフトスペースとして利用できます。裸足で歩くと気持ちの良い家が完成しました。
新小岩の家|あいかわさとう建築設計事務所|住み慣れた地域に建てたいという建主さんの願いをかなえた住宅です。敷地は、東・北側共に建物が接近し、西側も近いうちに建物が建つことが予想されました。また、準工業地域の準防火地域に建てる木造3階建てが予想されましたから、準耐火建築物が前提でした。しかも敷地面積は15坪ほどでちゃんとした駐車スペースが必要。そこでコストを抑えるために在来木造を選択しましたが、駐車スペースの確保のために構造的には1階を鉄骨造、上階を木造とする混構造としました。リビング・ダイニングを中心にした暮らしのため、まずは3mの天井高を確保し、高さ方向はそこを中心に上下階の天井高を検討しました。狭い中にスキップフロア( 部分的に床が段々になった構成)を導入することで、要望のすべての居室を確保することができました。アウトドアリビングとして使えるバルコニーをエキスパンドメタルで囲っているので、プライバシーをある程度確保できた開放的な外部空間になっています。また可能な限りつくられたニッチ( 全部で6つ) やカリン材を張ったTV 掛け用パネル( 木製の壁) は建主さんのアイディアを取り入れたものです。
花見川の家|あいかわさとう建築設計事務所| 造成地内の敷地は東接道で、南東側に視界がぬけます。ここに仲の良い若い家族のための木造2階建て住宅を計画しました。近隣との関係や日照を考慮しL字型の住棟配置とし、ひとつの大空間をゆるく区切り、思い思いにとどまる事が出来る場をもつ家としています。 1階には主寝室と水回り、工作室があります。コンクリート土間の工作室は、庭から直接出入りできます。ここにはシンクを備え付ており、子供の工作や、妻のガーデニング、夫の自転車の手入れなど、多様に使うことを想定しました。階段をのぼり居間へ至る道行きには家族室があります。ここは3枚引きの間仕切りを開けると子供室と一体となり、60cmの床レベル差で居間とも緩やかに繋がっています。最高天井高は3.8mで北側壁面に本棚とカウンターテーブルを造付け、横長の細長い窓を採ることにより、落ちついた学習スペースとしました。2階のオープンキッチンからは、居間や家族室、子供室、また庭の様子を知ることが出来ます。お料理好きの家族のためのもうひとつの生活の場となっています。
杉並の家|あいかわさとう建築設計事務所

 >杉並の家

駒込の家|あいかわさとう建築設計事務所

 >駒込の家

藤沢の家|あいかわさとう建築設計事務所| 忙しいご夫婦とお子さんのための住宅です。敷地は海にほど近い丘の上の住宅地のためプライバシー確保が慎重に検討されました。一方で休日に仲間が集い楽しめるスペースを希望されましたので大きなバルコニーを設定しています。ここにミッドセンチュリーテイストによるホワイトキューブをつくりました。1階はプレイベートな寝室・子供室と水回りをまとめ、造付け収納や階段下スペースの有効利用など工夫をしています。また、2階は広々としたワンルームのリビング・ダイニング・キッチンと大きなバルコニー。アイランド型キッチンは調理中の家族とコミュニケーションを可能にします。
逗子の家|あいかわさとう建築設計事務所|「ここで育っていく子供たちに、すてきな思い出をつくってあげたい。そのために家を建てたい」という言葉からスタートしました。 南西に眺望がひらけた湘南の高台にたつ住宅です。眺めの良い南西角1階にダイニングを設け、そこに連続して南面するリビング(床レベル-30㎝)、さらに中心に薪ストーブのある階段室(さらに床レベル-15㎝)がL字型に連続します。2階には、リビングの吹抜けに面してロフト付きの個室が2つと、浴室・洗面脱衣室があります。吹抜けを介して1階と2階の空間がつながり、薪ストーブをつけると家中があたたかくなります。 外観は土地柄を考慮しておとなしい切妻屋根の四角い箱としていますが、内部は平面的にも断面的にもさまざまな仕掛けを組み込んでいます。1階ではレベル差がちがう4つの床を設定し、吹抜け+オープンな階段室を中心として1階と2階のみならず寝室となる屋根裏収納も一体化させています。個人の時間と家族の時間を共に大切にするため、空気を一体化し気配を共有しながらも視線が交錯しないにし、かつ開放感を大切にしながら居室を設計しました。そうした個々人と家族のための暮らしの思い出を残せるように、ちょっとしたギャラリースペースや設けています。
44_01_evs7.jpg

 >城東の家

練馬の家|あいかわさとう建築設計事務所|かつて、ここには南に小さな庭と玄関をもち、住まわれたお宅が建っていました。その住み慣れた閑静な住宅街での建て替えプロジェクトです。長い年月で希望や夢は大きく育ち、それらに丁寧にお答えしました。  敷地特性の南西角地を生かし、出し入れの楽な駐車スペースと、手間の掛からない明るい南庭を設け、すべての居室が南窓を持ちます。1階をLDK+和室(仏間)+水回りとまとめることでコンパクトな生活動線を実現しています。さらにLDKと和室は天井高が同じ続き間で、引戸を引き込むと一体でつかえます。  収納をできるだけ多くとのご希望より、納戸、パントリー、ロフトと、たっぷり確保しました。そして日々の生活に合わせて、ゆったりと登れる階段、慌ただしい朝の身支度をサポートする専用洗面コーナーなど、多くの造作家具とともにプランニングがされています。
鎌倉の家|あいかわさとう建築設計事務所|神奈川県産の杉材を始め、自然素材を活かした住まいです。スポーツマンのご主人と奥様、そして二人のお子さんのための住まいです。マリンスポーツを愛するご主人の希望は海の近くに住むことでした。 平日は忙しくされているご主人の希望は、帰宅すると玄関から洗面所にいき、それからクローゼットで着替えてから家族の待つLDKにいくというルーティーンの実現でした。何度かの打合せを重ね、広い玄関ホールにウォークインクローゼットと土間収納を配置し、LDKを通らずに洗面室に抜ける構成に絞られていきました。最終的にはウォークインクローゼットを中心し、リビング、ダイング、キッチン、パントリー、洗面室、玄関ホール、リビングと回遊するプランとなりました。 回遊だけではなく開放感を得るためにリビングは吹き抜けており、2階子供室がそこに面しています。
千葉中央の家|あいかわさとう建築設計事務所|正方形の平面に片流れの大きな梁をかけ、柱のない大空間のリビング・ダイングを実現しました。屋根裏からはリビングが見えます。子供たちが宿題をしたり、お母さんがパソコンを使うカウンターテーブルをダイニング脇に造りました。家族が集まったり少し離れたり、適度な距離感で一日一緒に楽しく過ごせればと、打合せで一緒に作り上げました。1階にはウォークインクローゼット付きの主寝室と、将来2室に分けられる子供室を設けました。床はナラのムク板、天井にはスギのムク板を張り、壁は漆喰塗りで仕上げ調湿作用のある安全な自然素材を使いました。
43_外観03.jpg

 >Kアパートメント

野沢の家|あいかわさとう建築設計事務所

 >野沢の家

45_6_合体1-1.jpg

 >2121project

 居心地のよいデザイン を目指して……