WORK

松戸の家

 
25_R0018073.JPG
24_R0018070.JPG
23_00R0018037.jpg
20_00R0018047.jpg
22_IMG_1413.JPG
21_R0018044.JPG
19_R0018043.JPG
18_R0018067.JPG
17_IMG_1414.JPG
16_R0018048.JPG
15_R0018050.JPG
14_R0018056.JPG
13_R0018061-.jpg
12_R0018064.JPG
11_R0018054.JPG
10_R0018059.JPG
05_R0018010--.jpg
09_R0018052.JPG
08_R0018038.JPG
07_R0018030.JPG
06_R0018031.JPG
01_R0018028.JPG
04_R0018024.JPG
03_R0018013.JPG
02_IMG_1398.JPG

若夫婦である建主さんが、ご両親と同居するために建て替えた二世帯住宅です。玄関は共用ですが、1階でご両親が、2階で若夫婦世帯がそれぞれの生活を営みます。ご両親の住む1階は、長く住み慣れた元の家と同じ間取りを、子世帯が住む2階は、広く開放的なリビングとキッチンを実現しました。。 建主さんの国産の自然素材の使用というこだわりから、柱梁などの構造材には桧や松を使い、現しにしました。壁は漆喰で仕上げ、床、天井にはそれぞれ桧と杉の無垢板を張っています。 また、高齢のご両親のために、ゆるやかに家全体を暖める、ソーラー換気システム「そよかぜ」(冬季は南面する屋根の集熱層で暖めた空気をダクトで床下に運び、室内を暖め、夏季は床下の蓄熱層の涼しい空気をサーキュレーションさせるシステム)を取り入れました。太陽光の集熱に適した6/10勾配の屋根の小屋裏は、ロフトスペースとして利用できます。裸足で歩くと気持ちの良い家が完成しました


主な仕上げ 構造/木造 断熱方式/外断熱工法 外壁/ガルバリウム鋼板張り 屋根/ガルバリウム張り  床/檜無垢材ワックス仕上げ 壁/漆喰塗り 天井/杉板(素地)張り
規模 1階面積/86.12㎡ 2階面積/81.14㎡ 延床面積/167.26㎡ 建築面積/86.12㎡ 敷地面積/180.55㎡

23_IMG_3605.JPG