WORK

 

赤羽の家

外壁に荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。


主な仕上げ 構造/木造在来工法 断熱方式/外断熱工法 外壁/焼杉荒磨き縦張り 屋根/ガルバリウム鋼板  床/土間モルタル金ゴテ仕上げ 縁なし本畳 杉無垢板スダレ張り   壁/珪藻土塗り 袖壁部杉板張り 一部江戸唐紙貼り(東京松屋)   天井/梁・構造用合板現し 一部AEP塗装 造作キッチン:現場施工テラゾーL字型カウンター+既製シンク+ラワン製下台 衛生機器:ハーフユニットバス 玄関ドア:オリジナル製作玄関ドア(外:焼杉張り、内:無垢杉板張り、金物:堀商店) 襖:江戸唐紙貼り(東京・松屋特注品)
規模 1階面積/30.04㎡ 2階面積/30.63㎡ 延床面積/60.67㎡ 建築面積/ 30.63㎡ 敷地面積/50.03㎡