はじめての家づくり 45|設計事務所との家づくりの流れ 1

こんにちは。

シンプルモダンの住まいを提案する相川佐藤建築設計事務所です。

薪ストーブやペレットストーブで快適な住まいづくりに味付けを。

柏の葉、流山などつくばエクスプレス沿線で家づくり設計活動中です。

フルオーダーの新築戸建て住宅からリフォーム・リノベーションまで

住空間の設計依頼をお待ちしています。




                ○



家づくりを思い立ったときに、選択肢の多さに悩まれると思います。

ハウスメーカーやビルダー、地元の工務店や不動産業者。

そして私たちのような設計事務所があります。

これから何回かを使って、建築設計事務所での家づくりの流れについてお話します。

設計事務所では、どんな流れで家づくりをし、何を大切にしているのかをお伝えします。


他のものと違い、家づくりは(普通は)一生に一度です。

日々の生活や人生に密着しています。

大切な人生のため、本当に必要な自分たち家族だけの住まいをフルオーダーで手に入れてください。

その一番良い方法が、私たちのような設計を依頼していただくことだと思っています。





まずはご連絡ください


家づくりはみなさんのアクションからスタートします。

設計事務所は、家づくりをしたいみなさんの味方です。

怖いところでも、気難しいところでもありません。

経験と専門知識を持って、家づくりの疑問に丁寧にお答えいたします。


コンタクトは簡単です。

ホームページの問合せフォームやメール、電話などで、お気軽に。

そして、ご相談内容やご希望をお伝えください。

土地探し中でも結構です。

お手伝いできます。


何も具体的に決まっていないこともあると思いますし、少し先の未来の出来事かもしれません。

それはそれで今すべきことをアドバイスさせていただきます。


お伝えいただいた内容に伴い、返答ができます。

何れにしても、まずはいらしてください。

十分なコロナ対策をしてお待ちしております。


ご連絡いただいたら、ご希望の日時を調整させてください。

土・日はもちろん、ウィークデーの勤務後でも大歓迎です。

じっくりとご希望を伺います。

そして、そこにどのような可能性があるのか、お答えします。

もちろん無理なことは無理とお伝えします。

その代わり、「こんなことならできますよ」と何か別のアイディアを絞ってみます。

家づくりについて、一緒に考えさせてください。

必ず良い解決策があります。

ですから、まずは、私たちと面談してみてください。





ここは希望を形にするところ


建築設計事務所とは、建主さんのご希望に沿って、専門知識を持って個別の設計解を導き出すところです。

そして、お聞きした希望から潜在的な希望を読み取り、整理することに努めます。


なので、セレクトされた設計事務所とご希望とのミスマッチがないようにしなくてはなりません。

希望が理解できない。

希望を実現できる能力がない。

そもそも、希望を聞いてくれない。


以前お話ししたように、設計事務所には色々なタイプがあります。

組織の大小もありますし、得手不得手もあります。

そして何より、「住まい手のための家づくり」をどう考えているかが大切です。


SNSなど風評を見ていると、時として設計事務所が誤解されていることを感じることがあります。

たびたび、コミュニケーション能力や人格に問題があるケースが報告されていたりします。

でも、それはごく一部にすぎません。

大概は住宅の設計が大好きな粘り強いイイ人です。

確かに自己中心的な人や巨匠的・作家的な取り組みをする人もいます。

そうでなければ作ることができない、あるいはそういう立場であるからこそできてくるものというのもあります(うまく言えていません)。

そしてそれを否定するつもりはありませんが、皆さんの家づくりのベストな選択とも思いません。

社会的な立場や受けてきたトレーニングでこそ可能になる建築があります(これもわかりづかい)。

その設計事務所が何を目指しているのか見極めてください。

そして、一番大切なのはその事務所と相性、つまりあなたが最後まで信頼できるかどうかです。





信頼できないならやめたほうがいい


相性というのは少し曖昧ですよね。

工務店でもハウスメーカーでも、設計事務所でも相性から生まれる信頼関係は大切です。

感覚的にフィーリングが合うとか、

言葉が通じるというか言っていることが理解できるというか、

音楽や美術など好みが近いとか、

考え方ややり方に共感できる部分がある……。


信頼できるというのもなかなかわかりづらいですね。

家づくりというのは建主さんにとって、決断の連続です。

予算、スケジュールを始め、依頼先、施工者と検討・決定事項は目白押しです。

さらに設計が始まると、プランや外形デザイン、素材や色、住宅設備や照明など、(ある程度は任せるにせよ)あらゆることが群をなして押し寄せてきます。

建主として日常生活をおくる中で、これらのすべてに対応するのは、はたまた難しいものです。

もっともこれはフルオーダーである建築家との家づくりにおけるメリットの一つでもあります。

可能な限り検討し、自分のために自分で可能な限り決める。

専門家に任せるところは上手に任せながら、最大限のわがままを家族や自分のために発揮して欲しいところです。

こうしたプロセスのためにも、信頼関係が必要となってきます。


ちなみに、人生のどのフェーズで家を建てるべきかという決断は難しいものです。

子供の有無やお仕事の関係、ご両親の様子など、近い未来と遠い将来を慮り、もろもろを天秤にかけることになるのでしょうか?

自身が60代、70代になる時では高齢者対応や相続について考えないわけにはいかないでしょう。

判断材料は様々ですね。

それらによって家づくりのプロセス、結果として完成する住まいも大きく変わってきます。

そうしたことも、すべて住まいの無料相談で体験できます。


何れにしても、その目で確認することが大切です。

実際に事務所に行くと、webでは伝わらない感じ、わからないことが見えてくると思います。

お話しだけでもしませんか?

まずは家づくりの無料相談にいらしてください。


さあ、コンタクトを!

次回は、全体の流れを俯瞰してみます。



(この項、続く)


2022/01/25 佐藤 勤 記



これまでのブログ記事一覧はこちら

このブログでは、これから家づくりをなさる方たちに向けて、注文住宅の情報を提供するとともに、設計事務所に頼もうかどうかの検討材料を提供しています。

ご一読いただき参考にしていただけましたら幸いです。