手ぬぐい持って現地視察

新しいプロジェクトがスタートしました。

都心ど真ん中のプロジェクトです。

早速、役所や現地で諸々調査をしました。


敷地調査では、地図や用途地域という情報で

はわからないことを調べに行きます。

設計に活かせるメリット・デメリットを見極め

ここでの設計のテーマを見つけます。


なので、敷地そのものも見ますが

見下ろせるものなら、そこに登って見下ろし、

遠くから見えるならばそこまで行って見返します。


太陽の回り方、風の流れ、交通量、人の流れ

ゴミ出し場、周辺施設など歩いて確認します。

ここに暮らしていたらと、じっと想像します。

買い物はどこに行く?

帰宅はどちらの方向からか?

通報されない程度にうろうろと歩きまわります。


そんな折に、時々嬉しい発見があります。

今回はなかなかの銭湯を発見!

実に銭湯らしい銭湯です。

次回、ここにくるときは手拭い持参ですね。


2022/06/07 佐藤 勤 記










これまでのブログ記事一覧はこちら

このブログでは、これから家づくりをなさる方たちに向けて、注文住宅の情報を提供するとともに、設計事務所に頼もうかどうかの検討材料を提供しています。

ご一読いただき参考にしていただけましたら幸いです。